このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加


* Install Git (on ubuntu 12.04) [#t692f313]
最低限これはインストールする。
 sudo apt-get install git-core
git send-emailを使用する場合はこれも入れる。
 sudo apt-get install git-email
他にも以下のようなpackageがあるようだ。(未使用のため詳細未確認)
 git-arch git-cvs git-svn gitk gitweb git-doc

* gitとDropboxの連携 [#t606f73f]
まずはDropbox上にメインのリポジトリを作る。(リポジトリ自体をDropboxで同期する。)
 cd ~/Dropbox/git
 mkdir proto.git
 cd proto.git
 git --bare init
ワーク用のリポジトリのcloneとconfigを行う。
 cd ~/dev
 git clone ~/Dropbox/git/proto.git
 git config --global user.name (ユーザ名)
 git config --global user.email (メールアドレス)
以降は開発中の繰り返し作業になる。
ワークをいじる。
 cd proto
 echo test > readme.txt
 git add .
 git commit -m '(commitのコメント)'
メインのリポジトリに戻す。
 git push origin master
2度目以降は
 git push
メインのリポジトリから取り出す。(他のマシンからpushした場合は、その内容がDropboxで同期されるまで待ってから行うこと。)
 git pull
 
* gitの管理からはずすコマンド [#e9da1241]
ファイルの場合は
 git rm --cached <file名>
ディレクトリの場合は
 git rm -r --cached <dir名>

* gitで管理をしないファイル [#j815813c]
.gitignoreを作成して、その中にファイル名を書く。.gitignoreの各種ルールは[[ググれ:http://www.google.co.jp/search?q=gitignore]]。(または下記の参照ページへ。)

* github [#y6029af0]
cloneしてcommitをpush
 git clone git://github.com/knotdevel/test.git
 cd test
 touch README
 git add .
 git commit -m 'added new file'
 git remote add origin git@github.com:knotdevel/test.git
 git push origin master

新規のbranchを作る
 git branch testbranch1
 git checkout testbranch1
 cd test
 emacs README &
 git add .
 git commit -m 'modified README'
 git push origin testbranch1

cloneしてbranchにcommitしてpush
 git clone git://github.com/knotdevel/test.git
 cd test
 git checkout testbranch1
 emacs README &
 git add .
 git commit -m 'modified README again'
 git remote rm origin
 git remote add origin git@github.com:knotdevel/test.git
 git push origin testbranch1

ローカルのtestbranch1をremoteのanotherbranchにpushする場合
 git push origin testbranch1:anotherbranch

fork元の直近の変更を取り込む(fast-forwardがあるかもしれないのでgit pull --rebaseする)
 git clone git@github.com:自分の.git -b branch名
 git pull --rebase git://github.com/オリジナル.git
 git push
 →自分のfast-forwardがある場合はgit pushがエラーになるので、その場合は自分のfast-forwardの変更を上書きすることになる
 git push origin +branch名:branch名     →これは実際には +localbranch:remotebranch の意味

* branchを作ってリモートにpushする [#r76d52f8]
 $ git branch newbranch
 $ git checkout newbranch
 $ git push origin newbranch

* References [#ge3950eb]
[[gitとDropboxでお手軽・無料のSource Hostingを実現する>http://naoki.sato.name/lab/archives/38]]
[[GitでファイルをRivision管理から外す方法>http://blogcatch22.blogspot.com/2009/06/gitrivision.html]]
[[git/無視するファイルを指定する方法(.gitignoreについて) >http://tobysoft.net/wiki/index.php?git%2F%CC%B5%BB%EB%A4%B9%A4%EB%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%A4%F2%BB%D8%C4%EA%A4%B9%A4%EB%CA%FD%CB%A1%28.gitignore%A4%CB%A4%C4%A4%A4%A4%C6%29]]
[[[間違いを訂正].gitignoreでディレクトリの中身だけをignoreする書き方>http://blog.s21g.com/articles/733]]
[[githubでforkしたリポジトリから本家にpush>http://d.hatena.ne.jp/hakobe932/20090108/1231387243]]
[[Git超入門:"git push origin master"の"push"と"origin"と"master"の意味がわからないあなたへ:http://dqn.sakusakutto.jp/2011/10/git_push_origin_master.html]]






トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS