このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

Yocto

qemuでx86 linuxを動かす (yocto 1.6.1)

  1. あらかじめ必要なパッケージをインストールしておく(コマンドはubuntuの場合)
    sudo apt-get install gawk wget git-core diffstat unzip texinfo gcc-multilib build-essential chrpath libsdl1.2-dev xterm
  2. yoctoのダウンロードと展開
    wget http://downloads.yoctoproject.org/releases/yocto/yocto-1.6.1/poky-daisy-11.0.1.tar.bz2
    tar jxvf poky-daisy-11.0.1.tar.bz2
  3. 環境変数などのセットアップ
    cd poky-daisy-11.0.1
    source oe-init-build-env
    (自動的に poky-daisy-11.0.1/build/ に移動)
  4. Ubuntu 14.04だと何かのsanityチェックが走ってビルドエラーになるので回避(詳細は調べてない。)
    touch conf/sanity.conf
  5. イメージのビルド
    bitbake core-image-minimal
    (ビルド完了まで結構時間かかる)
  6. ソースファイルなどビルド環境はここ
    ls tmp/work/
  7. ビルドされたkernelやrootfsイメージはここ
    ls tmp/deploy/images/
  8. qemuで実行
    runqemu qemux86
  9. 再起動後などに、作業を再開する場合は
    cd poky-daisy-11.0.1
    source oe-init-build-env

qemuでARM linuxを動かす (git)

  • 基本はx86と同じ
    git clone git://git.yoctoproject.org/poky
    cd poky
    . ./oe-init-build-env build-arm
    MACHINE=qemuarm bitbake core-image-minimal
    (ビルド完了まで結構時間かかる)
    runqemu qemuarm

MACHINEを定義しないとデフォルトはx86。MACHINE=qemuppc とかやるとPowerPCにもなる。






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-09-17 (水) 09:21:47