このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

 

Beepを鳴らさないようにする

C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\VMware\VMware Workstation\config.ini に以下の1行を追加する。

mks.NoBeep = "TRUE"

ディスクサイズを増やす

DOS窓からコマンドラインで、

vmware-vdiskmanager.exe -x <ディスクサイズ> <ディスク.vmdk>

例えば、ubuntu.vmdkを30Gbにしたい時、

vmware-vdiskmanager.exe -x 30Gb ubuntu.vmdk

ただし、snapshotが存在すると拡張できないみたい?

Mac OS XのVMware Fusionの場合はここにある。

/Library/Application Support/VMware Fusion/vmware-vdiskmanager

Named pipe経由でシリアルコンソールを使う時

ネタ元はこちらのページ「memo/VMware シリアルコンソール
Named Pipe TCP Proxy Utilityを使う。

VMware toolsをインストール中にエラーが出る

VMware toolsをconfigするためvmware-config-tools.plを実行すると、こういうエラーになる。

The directory of kernel headers (version @@VMWARE@@ UTS_RELEASE) does not match 
your running kernel (version 2.6.35.10-74.fc14.i686).  Even if the module were 
to compile successfully, it would not load into the running kernel.

回避方法はこちらのページのとおり。

# cat /usr/src/kernels/`uname -r`/include/generated/utsrelease.h \
>> /usr/src/kernels/`uname -r`/include/linux/version.h

これをやってから、vmware-config-tools.pl を再実行。

 

BIOS画面を出す

たまにBIOSに入りたい時があるが、F2連打しても通り過ぎてしまうことがほとんど。BIOSに入りやすくするには 仮想マシンの*.vmxファイルに以下の1行を追加

bios.bootDelay="5000"

ゲストに固定IPアドレスを割り当てる

このページ参照のこと→VMWare Player上で動作するUbuntuのIPアドレスを固定化する
Windows7の場合、VMwareの設定ファイルは以下。

C:\ProgramData\VMware\vmnetdhcp.conf

そこに以下のように、ゲスト側のMACアドレスと割り当てたい固定IPアドレスを書いたセクションを追加。IPアドレスはDHCPの範囲と重ならないように。

host VMnet1 {
    hardware ethernet 00:0C:29:E2:12:FB;
    fixed-address 192.168.29.123;
}

この設定はホスト側PCを再起動してから反映される。(たぶんホスト側の常駐系のプロセスが読み込んでるから?)
また、この設定ファイルはVMwareをアンインストールする時にいっしょに消されるみたいなので、バージョンアップ(で一度アンインストールされた)後などは再度変更が必要になる。

vmware-tools-patches

https://github.com/rasa/vmware-tools-patches/blob/master/README.md






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-22 (金) 16:43:15