このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをlivedoor クリップに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

autoconfとautomakeを使う

Mac OS Xで。 (Show Leopard, Xcode 3.2.6, MacPorts 2.0.3の時代)

最初

cd <ソースのある場所>

autoツールが勝手にsymlinkするファイル群があるので、先に自分のディレクトリにコピーしておく

cp /opt/local/share/automake-1.11/COPYING .
cp /opt/local/share/automake-1.11/INSTALL .
cp /opt/local/share/automake-1.11/depcomp .
cp /opt/local/share/automake-1.11/install-sh .
cp /opt/local/share/automake-1.11/missing .

後で警告メッセージが出るので先に作成しておく

touch NEWS README AUTHORS ChangeLog
autoscan
mv configure.scan configure.in

configure.inを編集して次の2行を書く。

AC_INIT([program_name], [0.1.0], [自分のemailアドレス])
AM_INIT_AUTOMAKE

Makefile.amを追加、編集

bin_PROGRAMS = program_name
program_name_SOURCES = source1.cpp source2.cpp source3.cpp
aclocal
autoconf
autoheader
automake --add-missing

そんで最後に

./configure
make

boostを使う

sudo port install boost
sudo port install autoconf-archive

boostをインクルードできるようMakefile.amに以下を追加

INCLUDES = -I/opt/local/include

boostのバージョンチェックのためconfigure.inに以下を追加

AX_BOOST_BASE([1.41])

一方ubuntuでは

Mac OS Xとバージョンが微妙に違うのが悩ましいが、低い方でやる。

sudo apt-get install build-essential m4 automake autoconf autoconf-archive libtool
sudo apt-get install libboost*

References

http://hp.vector.co.jp/authors/VA022047/linux/autoconf.html
http://www.bookshelf.jp/texi/automake-ja/automake-ja.html
http://www.gnu.org/software/autoconf-archive/






トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-04-14 (土) 17:10:56